50代女性恋愛やおしゃれ、仕事や収入などライフスタイル

アラフィフと言われている50代でもまだまだ若いですね。恋愛も仕事もおしゃれも現役な女性たち向けた記事や仕事、収入など気になる事そして老後のこと等を綴っています。

スポンサーリンク

美人は幸せとは限らない!50代になってわかった美人の悲劇とは?

美人は生涯1億円の特なんて言いますが、美人だからこそ幸せになれない人もいます。

 

優秀で若いころからモテていた女性。

 

とうとう結婚せずに50代も後半になってしまいました。

 

一人じゃ孤独、不安だからと婚活をしています。

 

なんで私がこんなハゲでおっさんと?

 

いまだにモテていたころの自分が抜け切れてません。

 

スペックの高い男性に声をかけられ誘われ、遊んだ時期もあった!

 

でも私はにはまだ魅力がある。

 

一人の人に縛られるのは嫌だわ!

 

確かに50代後半の割に若い。

 

ボディラインにも相当気を使っています。

 

でも60代を目の前にした女性を男性が見るのは、外見の美しさではないんです。

 

そこに気が付かない50代美人女性の悲劇とは?

 

 

美人が幸せとは限らないのはなぜ?

 

f:id:navimy:20180212182306j:plain

美人が幸せとは限らないのは、良い時がたくさんあり過ぎたから。

 

60歳近くになった美人の友人。

 

仕事はバリバリですが、昔と違います。

 

今は若い子のほうが何事も流行に敏感。

 

その友人は経験こそありますが、それだけ。

 

仕事はできるけど、所詮周りの若い社員たちからは「どうなんすかねぇ~?」

 

どこかで陰口を言われている可能性も高いです。、

 

もちろん本人のいる前では「流石っすね!」

 

と言うでしょう。

 

それだから私はまだまだいけるわと勘違いのまま何十年と来たてしまったんですよね。

 

そこそこのブスだったら、良い人との出会いがあったらその出会いを大切にします。

 

この人と結婚するんだ!

 

この出会いを離すまい!

 

と思います。

 

ブスはモテないからこそ出会いを大事にするんですよね。

 

だから自分に舞い降りた恋はチャンスだと思います。

 

かたや美人はねぇ。

 

ちやほやされ続けてきたからね。

 

挙句の果ては60歳になってもひとり。

 

周りを見れば幸せそうに孫がいる同年代の女性。

 

でも羨ましくはないわ!

 

美人が老化する辛さとは?

美人は老化を受け入れられない!

 

バツイチ子持ちでも良いから、どこかの社長と結婚して見せる!

 

出来れば自分よりも10歳位若い男性が良いの。

 

自分、体も心もかなり若いほうだから。

 

美しすぎてモテすぎた女性の悲劇は熟年世代になって初めて気が付くのです。

 

美人は生涯1億円得をするのと普通に幸せになるのはどっちが良い?

f:id:navimy:20180125212214j:plain

美人は若いころから何かと得!

 

どこに行ってもご馳走してくれるし、顔が良いからモテますよね。

 

ということは、お金持ちの男性からのお声かけも来ます。

 

そんなお金持ちの男性と結婚すれば、将来お金に困りませんよね。

 

でも顔で選ばれた女性。

 

もしも顔ではなく、外見ではなくその人のすべて心底愛してくれたなら嬉しいです。

 

どうせこの人は私の外見で選んだんだわと余計なことも考えないですし。

 

男は皆顔から惚れる!

 

と聞きますが、実際はそんなことないんです。

 

美人である女性は、自信がみなぎってます。

 

そんな女性を見抜く男性は美人は鼻について嫌いだという人もいるんです。

 

一概に言えませんが、ブスな人は尽くす人が多いと聞きます。

 

今まであまり声をかけられたことがない、モテなかった!

 

やっと私に恋人が現れたと思い、相手を大事にしますし自分も幸せになりたいと思ってます。

 

美人さんよりも相手がこうしたら嬉しいとか、思いやる心を持っている女性が多いんですよね。

 

でも中には例外もいます。

 

ブスは性格が悪いというのも本当の話。

 

妬みがある性格の悪いブスな女性は最悪。

 

逆に美人でも心優しい人もいます。

 

美人で心優しい人は男性を顔で選ばない人も私の周りでは多い傾向がありますね。

 

つくづく不思議だと思います。

 

私は美人、だからスペックの高い男性じゃないと釣り合わないと昔から思い続けている女性は熟年になって異性から選ばれる状態ではないということに気が付くんです。

 

美人は幸せになるとは限らないと言うのはある意味、自信を持ち過ぎが招いた悲劇なんです。